このページでは、現在弊社血糖自己測定器をお使いのお客様に、製品を適切にご使用いただくための情報提供を目的としています。弊社血糖測定関連製品についてご不明な点などがございましたら、お客様相談室0120-37-8055までお電話、もしくはメール(adc-cs.jp@abbott.com)にてご連絡ください。果物等の糖分を含む食品などに触れた後、そのまま指先から採血すると指先に付着した糖分が血と混じり、誤って高い血糖値となるおそれがあります。採血前には、必ず流水で手を洗い、よく乾かしてください。温水で洗うと血行を促進して採血しや すくなります。( :アルコール綿による消毒のみでは不十分です。)

FreeStyle Libre











FreeStyle Libre

新製品 FreeStyleリブレ

製品仕様 Reader 承認番号 22800BZX00212000

ハイライト

Reader
  • わかりやすいグラフ表示
  • 90日間のグルコース値データを保存できます
  • 専用電極を用いて血糖値および血中ケトン体値の測定ができます

※測定結果により医師の指示なく経口薬又はインスリンの投与量を変更しないでください。[治療の変更は医師の指示に従う必要があるため]

ビデオを見る

サイズ 60 mm( 幅)x 95 mm (高さ)x 16 mm(厚さ)
重量 65g
電源 リチウムイオンバッテリー 1個
電池寿命 通常の使用方法で7日間
センサーメモリー 通常の使用方法で90日間
操作温度範囲 10~45°C
保管温度 -20~60°C
操作時および保管時の相対湿度 10~90%(結露のない状態)
Reader表示画面の自動オフ 60秒間(電極挿入時は120秒間)
無線周波数 13.56 MHz RFID;振幅偏移変調;124 dBuV/m
血糖測定範囲 20~500 mg/dL
血中ケトン体測定範囲 0.3~8.0 mmol/L
専用電極 FSプレシジョン血糖測定電極、β -ケトン測定電極Ⅲ
血糖測定時間 5 秒
血糖測定時の必要検体量 0.6μL
血糖測定時の温度範囲 15~40℃
血糖測定時の湿度範囲 10~90%
ケトン体測定機能能 血中ケトン体測定可
低血糖・高血糖表示機能 有り

新製品 FreeStyleリブレ

製品仕様 センサー/アプリケーター(同梱) 承認番号 22800BZX00212000


ハイライト

センサー(使いすて)
  • 最長14日間、1分毎に測定し、15分毎にグルコース値を自動的に記録
  • 耐水性※で、患者さんがアクティブな生活を送れるよう設計

*水深1メートルで最長30分間の耐水性試験を実施済みです

グルコース測定方法 アンペロメトリー
グルコース値測定範囲 40~500mg/dL
サイズ 35 mm(直径)x 5 mm(厚さ)
重量 5g
電源 酸化銀電池1個
装着期間 最長14日間
センサーメモリー 8時間(グルコース値を15分ごとに保存)
操作温度範囲 10~45°C
アプリケータ―とパックの保管温度 4~30°C
操作時および保管時の相対湿度 10~90%(結露のない状態)
耐水性 IP27:水深1mで、最長30分間の浸水に耐えられる

FreeStyleリブレ
ソフトウェア・ダウンロード

システム要件 2016年10月現在

  • Microsoft Windows 7 (32 または 64 bit)
  • Microsoft Windows 8 (32 または 64 bit)
  • Microsoft Windows 10 (32 または 64 bit)
  • OS X El Capitan
  • 接続には測定器本体に付属のケーブルをご使用ください。
  • USB2.0ハブ、1.6GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM以上が搭載されたコンピュータが必要です。 PDF形式のレポートを表示するため、Adobe® Readerが推奨されます。
  • 測定器データのコンピュータへの保存は、PDF形式(レポート画面)もしくはテキストファイル形式でのみ 行なうことができます。本ソフトウェア内には記録されません。

 

その他情報

より詳しい情報はこちら→myfreestyle.jp
(医療従事者向けサイト)


FreeStyle Precision Neo

フリースタイルプレシジョンネオ™

ハイライト

  • 厚さ8.7mm世界最薄*超軽量(*2014年10月当社調べ)
  • ISO15197:2013の分析性能基準適合
  • E Inkテクノロジー&プッシュスクリーン
  • 血糖インジケーター機能により、設定値に合わせて高・低血糖をお知らせ
  • ログブック機能により、血糖測定値などの情報の記録が可能

その他情報

取扱説明書ダウンロード
取扱説明書(改訂版)ダウンロード PDF

製品仕様 承認番号 22600BZX00343000

専用電極 FSプレシジョン血糖測定電極、β -ケトン測定電極Ⅲ
血糖測定時間 5 秒
血糖測定時の必要検体量 0.6μL
血糖測定範囲 20~500mg/dL
血糖測定時の温度範囲 15~40℃
血糖測定時の湿度範囲 10~90%
重量 33~37g(電池含む)
サイズ 幅5.97cm×高さ8.68cm×厚さ0.87cm
使用電池 CR2032 リチウム電池2個
データー記憶容量 1,000 件
最大測定可能回数/電池 3,000 回
ケトン体測定機能能 血中ケトン体測定可
低血糖・高血糖表示機能 有り
FreeStyle Freedom Lite

フリースタイルフリーダム™ ライト

ハイライト

  • 専用電極で0.3μLの血液量、約4秒で血糖測定
  • 血液が少なくて測定開始できない場合は60秒以内に血液を再吸入することが可能
  • 電極の左右どちらからでも測定可能

その他情報

製品仕様 承認番号 22200BZX00881000

専用電極 FS血糖測定電極ライト
測定項目 全血中の血糖
検体量 0.3μL
測定時間 約4秒
データメモリ 400テスト
測定範囲 20~500mg/dL
測定部位 指先、前腕、上腕、手、もも、ふくらはぎ
保管温度 -20℃~60℃
測定温度 4℃~40℃
寸法 幅5.1cm×高さ8.4cm×厚さ1.6cm(最大)
質量 39.7~45.4g(電池含む)
電池寿命 約1000回の測定
Precision Xceed

プレシジョン エクシード

ハイライト

  • 専用電極で0.6μLの血液量、5秒で血糖測定
  • 450回分の測定結果を保存可能
  • バックライト機能
  • 血液量不足時には測定を開始しない

その他情報

製品仕様 承認番号 22000BZX00851000

使用電極 FSプレシジョン血糖測定電極、β-ケトン測定電極III
測定項目 全血中の血糖、全血中のβ-ケトン(β-ヒドロキシ酪酸)
検体量 血糖測定0.6μL、β-ケトン測定1.5μL
測定時間 血糖測定5秒、β-ケトン測定10秒
測定範囲 血糖測定20~500mg/dL、β-ケトン測定0.3~8.0mmol/L
データメモリ 450テスト
計算機能 平均血糖値の算出(7/14/30日間の平均)
表示機能 -アイコン表示、日付時間表示
保管温度 -25~55℃
最適測定温度 血糖測定15~40℃、β-ケトン測定18~30℃
サイズ 高さ:7.47cm、幅:(上部)5.33cm、(下部)4.32cm、厚さ:1.63cm
重さ 40~46g
Lancets

ポケットランセット

ハイライト

  • 再使用できない単回使用ランセット(1回につき1個使用)
  • 滅菌済みで直ちに使用可能
  • E Inkテクノロジー&プッシュスクリーン
  • 深さは0.5mm(オレンジ)・0.8mm(ブルー)・1.25mm(イエロー)の3種

その他情報

保護キャップを外す 穿刺ボタンを押す

製品仕様 認証番号 221AFBZX00013000

ポケットランセット オレンジ 26本入り 28G 深さ0.5mm
31本入り
ポケットランセット ブルー 26本入り 28G 深 さ0.8mm
31本入り
ポケットランセット イエロー 31本入り 28G 深さ1.25mm



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

これよりアボットグループの外部サイトに移動します。自動で切り替わらない場合には下記URLをクリックください。

www.qlifeweb.jp/fgm

また、ご利用の際は、アボットグループのサイトではありませんので、個人情報の取り扱いについても株式会社QLifeのページでご確認ください。