外食編


外食のとり方のメニュー別アドバイス。

 

外食編

外食のとり方のメニュー別アドバイス。

ここではいくつか具体例をあげて、外食のとり方を説明します。ただし、同じ名前のメニューでもお店によって量や使われている食材は結構異なりますから、あくまで参考として考えてください。

さばのみそ煮定食

総エネルギー量700kcal

魚料理は本来はエネルギーがあまり高くないのですが、砂糖やみそで味付けしてあるので、少し高エネルギーです。ごはんとさばを適度に残しましょう。

五目めん

総エネルギー量600kcal

めん自体はおもに炭水化物ですので、栄養価は具で決まります。五目めんは使われている食材にもよりますが、一般的に野菜が多いので、めん類のなかではおすすめメニューです。ただし、塩分の多い汁は残すように。

とんかつ定食

ABOTT-ADC-JApan

全部食べるとかなりのエネルギーです。指示エネルギー量を考えて、かつとごはんは1/3~2/3程度にしましょう。また、塩分のことを考えて、ソースはかつにかけずに小皿にとり、量を確認しながら使いましょう。

フィレオフィッシュとポテトフライ(大)

総エネルギー量780kcal

魚やポテトが揚げてあることやタルタルソースの影響で、脂質に大きくかたよっています。これにジュースを追加すると、炭水化物も増え、エネルギー超過になります。ジュースでなくウーロン茶にしたり、サラダのセットにするなどの工夫をしてください。