外食編

食事療法の成否のポイントは外食にあり。

『国民健康・栄養調査』によると、30代男性の約6割、40~50代男性の約5割が「週に2回以上外食を利用する」と答えていて、しかもほとんど毎日外食を利用している人も少なくないとのことです。今の時代、外食を抜きに食事療法は語れません。外食をいかに適切にとるかは、治療の良否を左右する大きな要素の一つです。

男性の外食(市販の弁当なども含む)の利用頻度

外食が治療上の問題となる理由。

適切に食べれば、糖尿病の方でも外食を利用することも不可能ではありません。しかしそれにはさまざまなハードルがあることを理解しておきましょう。

外食は家の食事とココが違う

  • 量が決められている(量が多い)
  • 炭水化物か脂質が中心
  • 野菜がほとんどない
  • 味付けが濃い。塩分が多い
  • おかずが一品のため栄養がかたよりがち
  • 時間をかけてゆっくり食べられない
  • 材料がわかりにくくて栄養バランスを把握しにくい

‘食’のセンスを磨きましょう。

このようなハードルがある外食をとる以上は、糖尿病食事療法の基礎をしっかりおさえておく必要があります。食事に関する知識に不安がある人は、もう一度「食品交換表」などを開いて、食事療法の意味と方法をおさらいしておきましょう。食事療法は難しく考えずに「もっと食事を楽しもう」と考え取り組めば、少しずつ興味が沸いてくるはずです(食事療法の基礎についてはこのシリーズの3をご参照ください)。



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

注意事項 必ずお読みください

アボットグループのウェブサイトを離れる、第三者のウェブサイトに移行するようにしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはない、アバットはそのようなサイトのコンテンツやサイトに含めるリンクについて、いやな責任を負うものではありません。アボットがあります これのリンクを提供しているのは、客のご便便を描くために、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するもではありません。

まったくアクセスしようとしているウェブサイトがあり、お客さまのスクリーンサイズを最適化されていない場合もあります。 このままコマツのウェブサイトを離してもよかったですか?

• • • • • • • •

本当に日本のサイトを離れたいですか?


いいえ  はい