合併症編


糖尿病網膜症は成人後の失明原因の第一位。

 

合併症編

糖尿病網膜症は成人後の失明原因の第一位。

視覚障害の原因疾患

「糖尿病で失明だなんて…」と、思われる方も少なくないことでしょう。でも、確かに糖尿病のために光を失う人は毎年3,000人以上と多く、それは成人後の失明原因のトップなのです。
しかもそれは、ほかの眼の病気による失明とは異なり、防ぐことができたはずの失明、血糖コントロールをしっかり続けていれば免れたはずの失明です。

眼のスクリーン「網膜」が高血糖で冒されます。

ABOTT-ADC-JApan

網膜とは、眼球の奥に広がっているスクリーンのことで、瞳孔を通って眼の中に入った光が焦点を結ぶところです。網膜には細かい血管が張り巡らされています。
糖尿病網膜症は、高血糖によりそれらの血管が障害されることなどから起こります。

糖尿病網膜症の病期

単純網膜症

網膜の血管から血液の成分が染み出して、網膜に斑点のようなシミを作ったりしますが、自覚症状は全くありません。

増殖前網膜症

網膜の血管の一部が詰まり、血液が流れていない部分が生じた段階ですが、自覚症状はまずありません。レーザー治療などで、病状を安定させます。

増殖網膜症

血液の流れていない網膜に新しい血管が伸びてきます。この新しくできた血管が眼底出血や網膜剥離の原因となって、視覚障害を引き起こすことがあります。そのような場合は、硝子体手術などで視力の回復を図ります。

眼科にも定期的に受診しましょう。

糖尿病網膜症は、たいてい自覚症状が現れずに進行し、気づいたときには失明寸前ということがしばしばあります。自覚症状に乏しい糖尿病の管理のために内科へ定期的に通院するのと同じように、糖尿病網膜症の予防・治療のために、眼科にも定期的に受診しましょう。