合併症編

糖尿病網膜症は成人後の失明原因の第一位。

視覚障害の原因疾患

「糖尿病で失明だなんて…」と、思われる方も少なくないことでしょう。でも、確かに糖尿病のために光を失う人は毎年3,000人以上と多く、それは成人後の失明原因のトップなのです。
しかもそれは、ほかの眼の病気による失明とは異なり、防ぐことができたはずの失明、血糖コントロールをしっかり続けていれば免れたはずの失明です。

眼のスクリーン「網膜」が高血糖で冒されます。

ABOTT-ADC-JApan

網膜とは、眼球の奥に広がっているスクリーンのことで、瞳孔を通って眼の中に入った光が焦点を結ぶところです。網膜には細かい血管が張り巡らされています。
糖尿病網膜症は、高血糖によりそれらの血管が障害されることなどから起こります。

糖尿病網膜症の病期

単純網膜症

網膜の血管から血液の成分が染み出して、網膜に斑点のようなシミを作ったりしますが、自覚症状は全くありません。

増殖前網膜症

網膜の血管の一部が詰まり、血液が流れていない部分が生じた段階ですが、自覚症状はまずありません。レーザー治療などで、病状を安定させます。

増殖網膜症

血液の流れていない網膜に新しい血管が伸びてきます。この新しくできた血管が眼底出血や網膜剥離の原因となって、視覚障害を引き起こすことがあります。そのような場合は、硝子体手術などで視力の回復を図ります。

眼科にも定期的に受診しましょう。

糖尿病網膜症は、たいてい自覚症状が現れずに進行し、気づいたときには失明寸前ということがしばしばあります。自覚症状に乏しい糖尿病の管理のために内科へ定期的に通院するのと同じように、糖尿病網膜症の予防・治療のために、眼科にも定期的に受診しましょう。



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

注意事項 必ずお読みください

アボットグループのウェブサイトを離れる、第三者のウェブサイトに移行するようにしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはない、アバットはそのようなサイトのコンテンツやサイトに含めるリンクについて、いやな責任を負うものではありません。アボットがあります これのリンクを提供しているのは、客のご便便を描くために、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するもではありません。

まったくアクセスしようとしているウェブサイトがあり、お客さまのスクリーンサイズを最適化されていない場合もあります。 このままコマツのウェブサイトを離してもよかったですか?

• • • • • • • •

本当に日本のサイトを離れたいですか?


いいえ  はい