シックデイ編


シックデイ(病気になったとき)には、血糖値が乱れやすくなります。

 

シックデイ編

シックデイ(病気になったとき)には、血糖値が乱れやすくなります。

血糖コントロールをしっかり続けていても、かぜをひいたり、おなかをこわしたりと、糖尿病以外の病気にかかることがあります。そんなとき、血糖値は思いのほか高くなりやすく、そのために脱水やケトアシドーシスという危険な状態になってしまうこともあります。「シックデイルール=病気になったときの対策」を、よく知っておきましょう。

病気によるからだへのストレスなどのために、血糖値が高くなります。

かぜや発熱、腹痛、吐き気、下痢など、なにかの病気にかかると、それはすべてからだにとって負担(ストレス)となります。そんなとき、からだの中ではストレスホルモンが分泌され、異常事態に対処しようとします。
しかしストレスホルモンは、血糖値を上げる作用があるので糖尿病の患者さんの場合、いつもどおりに生活していたとしても血糖値が高くなります。シックデイにはさらにインスリンの分泌や働きが悪くなるので、驚くほどの高血糖になることがあります。

高血糖のために抵抗力が落ちてしまうシックデイの悪循環。

なにかの病気のために高血糖になると、からだの抵抗力が落ちるので、ますます病気が悪化したり回復が遅くなってしまいます。加えて熱が出たり下痢が続くと、体内の水分が失われて脱水状態になり、血液が濃くなり血糖値もいっそう高くなりがちです。
糖尿病でない人ならすぐに快方に向かうような軽い病気も、糖尿病に重なって発病すると、互いに影響しあって居座り続けるのです。

食事の量が減るために低血糖になることもあります。

ここまで「シックデイでは血糖値が高くなる」とお話ししましたが、その反対のケースもあります。それは、糖尿病の薬物療法をしている患者さんで、病気のためにいつものような食事をとれないときです。そんなときは低血糖になることがあります。