自己検査編


自覚症状が少ない糖尿病は、検査が大切。

 

自己検査編

自覚症状が少ない糖尿病は、検査が大切。

日本の糖尿病患者の95%以上を占める2型糖尿病のほとんどは、多尿・多飲などの症状があらわれ、痛みなどはないので気づかない間に病気が進行してしまいます。症状がひどくなった時には、すでに合併症になっていた…。そんなことのないよう、定期的に検査を受け、病状を正しく認識しなければなりません。

自分でできる糖尿病の検査例

病院で受ける検査のほか、自宅で簡単にできるものもあります。よりよい治療のために役立てましょう。

体重測定
食事療法がうまくいっているかを確認するためにも、体重測定は重要です。毎日決まったタイミングに測るようにしましょう。
血糖自己測定(SMBG:self monitoring of blood glucose)
糖尿病のもっとも重要な指標、血糖値を測ることで病状を的確に知ることができます。最近では痛みの少ないものや測定しやすいものなど、さまざまなタイプの測定器があります。
尿糖検査
検査用の試験紙が市販されています。試験紙に尿をつけ、色の変化で、尿中のブドウ糖の有無をチェックします。
血中ケトン体測定
インスリンの欠乏や作用不足を検査する方法として注目されています。ケトン体も測定できる血糖自己測定器もあります。

血糖コントロールを正確に把握できる血糖自己測定。

市販の血糖自己測定器を使えば、家庭で血糖が測れます。日常生活で食事や運動、ストレスなどが血糖に与える影響がわかり、血糖コントロールにとても役立ちます。

血糖自己測定を行うメリットはこんなにあります

  • 血糖値を自分で正確に知ることができる
  • 1日の血糖の変動をつかめる
  • インスリン注射の量が調整できる
  • 主治医がよりよい治療方針を立てられる

目標の血糖値とかけ離れている時は?

血糖自己測定で、目標にする血糖値は病状や治療内容によって異なります。あなたの測定結果が、主治医と相談した目標数値から大きく離れている場合は、改めて相談する必要があります。