薬物療法編

インスリン療法の前に知っておいてほしいこと。

1. インスリンは皮下組織に注射してください。

ABOTT-ADC-JApan

皮下脂肪の厚い人は皮膚をつまんで、注射針を垂直に刺しましょう。皮下脂肪の薄い人は同じように皮膚をつまみ、注射針を斜め45度に刺します。

2. インスリン製剤はここに打ちます。

インスリン注射をする部位は、おなか・上腕・おしり・太ももです。毎回同じ場所に注射しないようにしましょう。

おへその周りはさけます

3. インスリン製剤の吸収は打った場所によって違います。

一番吸収が早く、痛みの少ないのはおなか。続いて上腕、おしり、太ももです。注射した所はもんだりせず、1時間くらいは入浴や激しい運動を避けます。

4. こんな症状が出たら、すぐに主治医へ連絡しましょう。

風邪や下痢などで普段どおりの食事がとれない時も、インスリン注射や飲み薬をやめてはいけません。インスリンがまったく体の中に入ってこないと、血糖値が急激に上がり、糖尿病性昏睡に陥ってしまうことがあります。
体調の悪い時は、必ず主治医に相談しましょう。



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

注意事項 必ずお読みください

アボットグループのウェブサイトを離れる、第三者のウェブサイトに移行するようにしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはない、アバットはそのようなサイトのコンテンツやサイトに含めるリンクについて、いやな責任を負うものではありません。アボットがあります これのリンクを提供しているのは、客のご便便を描くために、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するもではありません。

まったくアクセスしようとしているウェブサイトがあり、お客さまのスクリーンサイズを最適化されていない場合もあります。 このままコマツのウェブサイトを離してもよかったですか?

• • • • • • • •

本当に日本のサイトを離れたいですか?


いいえ  はい