薬物療法編

どんな時、どんなお薬が必要なのでしょうか?

ひとくちに糖尿病といっても、発病のメカニズムによって2種類に分けられます。まずは膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞からインスリンが全く分泌されない1型糖尿病。この場合、インスリン注射が絶対に必要です。そして必ずしもインスリン注射を必要としない2型糖尿病。この場合、食事・運動療法が治療の基本ですが、よりよい血糖コントロールを得るため、お薬を使うことがあります。

飲み薬(経口糖尿病用薬)を「飲むインスリン」だと思っている人がいますが、これは誤解。膵臓を刺激してインスリンを生産させる薬剤と、膵臓以外に働いて血糖値を下げる薬剤などがありますが、どれもインスリンではありません。たくさんのお薬がありますので、あなたの飲んでいる薬の名前、働きを正しく理解しておきましょう。

あなたの飲んでいるお薬はどれですか?

スルホニル尿素薬(SU薬)
膵臓に働いてインスリンの分泌を促すお薬です。血糖値をよく下げる一方で、低血糖が起きたり、体重が増えてしまうことがある点に注意しましょう。
速効型インスリン分泌促進薬
SU薬と同じように、膵臓に働いてインスリンの分泌を促すお薬ですが、その作用はごく短時間です。毎食ごと、食事の直前に飲むことで、食後の高血糖を抑えます。
α-グルコシダーゼ阻害薬
炭水化物の消化吸収をやわらげて、食後の高血糖を抑えます。毎食ごと、食事の直前に飲みます。お薬を飲み始めてしばらくの間、おなかの調子が乱れることがあります。
チアゾリジン薬
インスリンはあるのに、その働きが悪いために血糖値が下がらない「インスリン抵抗性」という状態を改善するお薬です。副作用で、からだがむくむことがあります。
ビグアナイド薬
肝臓でのブドウ糖を作る働きを抑えたり、腸でのブドウ糖の吸収を抑えたり、インスリン抵抗性を改善して、血糖値を下げるお薬です。
DPP-4阻害薬
食後の高血糖のときにだけインスリン分泌を促す「インクレチン」というホルモンがあります。そのインクレチンが分解されるのを防いで効果を高め、高血糖を改善するお薬です。



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

注意事項 必ずお読みください

アボットグループのウェブサイトを離れる、第三者のウェブサイトに移行するようにしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはない、アバットはそのようなサイトのコンテンツやサイトに含めるリンクについて、いやな責任を負うものではありません。アボットがあります これのリンクを提供しているのは、客のご便便を描くために、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するもではありません。

まったくアクセスしようとしているウェブサイトがあり、お客さまのスクリーンサイズを最適化されていない場合もあります。 このままコマツのウェブサイトを離してもよかったですか?

• • • • • • • •

本当に日本のサイトを離れたいですか?


いいえ  はい