基礎知識編


合併症をおこさないためにも、正しい治療を受けましょう。

 

基礎知識編

合併症をおこさないためにも、正しい治療を受けましょう。

合併症は糖尿病になったら必ず起こるわけではなく、適切な血糖コントロールで防ぐことができます。むやみに恐れることなく、正しい治療を続け、定期的な検査と診察を受けることが大切です。また食事・運動療法は毎日の暮らしに取り入れるようつとめましょう。

食事療法

食事療法の基本は一日3回、きちんと食べることです。
間食は、1型糖尿病のお子さん以外は控えましょう。食事は、量にさえ気をつければ何を食べても大丈夫ですから、患者さんだけ特別なものを用意する必要はありません。むしろ、低カロリーで品数豊富な糖尿病食は、他の家族の生活習慣病予防にも役立ちます。食品を栄養分ごとに分けた食品交換表を、毎日の献立づくりに活かしましょう。

運動療法

運動療法には、肥満解消のほか、心肺機能の向上、動脈硬化の予防、筋肉の強化などの目的があります。また運動をして血糖が下がると、体が要求するインスリンの量が減るという、インスリンの節約効果もみられます。運動といっても、あくまで治療の一環なので、急に激しいスポーツをしてはいけません。自分に適した運動の種類と量を、主治医とよく相談して決めましょう。

薬物療法

食事・運動療法で血糖コントロールできない2型糖尿病患者さんには、飲み薬を使うことがあります。副作用で血糖値が下がりすぎることがあるので、主治医に指示された用法・用量を必ず守りましょう。また1型糖尿病の患者さんと、飲み薬の効果が得られなかった2型糖尿病の患者さんは、インスリン注射を行います。インスリン注射は安全で確実な治療方法ですので、怖がらず、主治医に勧められたら速やかに取り入れましょう。