測定方法編

血糖コントロールを自分でしていくには、どのような方法があるのか、みていきましょう。

血糖自己測定の仕方 血糖測定の種類

血糖自己測定の仕方

血糖自己測定には簡易血糖測定器を使用します。
近年の簡易測定器の進歩は目覚ましく、小型、軽量、薄型なのはもちろん、だれにでも簡単に操作できるように工夫されています。 最近では、1 日数回の自己血糖測定によるポイントでの血糖値を知るだけではなく、24時間連続して血糖の変動を測定できる機器 も登場しました。 そのおかげで、より質の良い血糖コントロールが可能になってきています。

 

血糖測定の種類

血糖測定方法には、血液中のブドウ糖を測る方法と、間質液という細胞周囲を満たしている液体中のグルコース、つまりブドウ糖を測定する方法 があります。 血糖値については、多くのみなさんが耳にしたことがあると思います。血糖値は血液中のブドウ糖の濃度のことで、血液 1dL 中にブ ドウ糖が何mg含まれているかを示す値のことですよね。では、間質液中グルコース値とはいったいどのような値のことをいうのでしょうか。間 質液中グルコース値は間質液 1dL 中にグルコースつまりブドウ糖が何㎎含まれているかを示す値です。ここまで読み進めてきて、「あれ?間質液中 グルコース値は血糖値とは違うものなのに、どうして血糖コントロールに使えるの?」と、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。そ の答えを知るために、私たちの体の中でブドウ糖、すなわちグルコースがどのような動いているのかをみてみましょう。

 

図:グルコースの動き

 

グルコースは、図のように毛細血管と間質液の間を自由に動き回っています。血液中のグルコースが増えると、間質液中のグルコースも増えて、 逆に血液中のグルコースが減ると、間質液中のグルコースも減っていきます。つまり、血液中のグルコース値と間質液中グルコース値は相関性をもっ ているのです。
そして、ある時点における血液中のグルコースの濃度は、約 5 ~ 10 分遅れて間質液中のグルコースの濃度として反映され、測定することができます。 そのため、血糖コントロールのために、血糖値も間質液中のグルコース値も使うことができるのです。

グルコース値を測ることのメリットは穿刺によって自分の血液をとらずに血糖測定が可能なこと。一方のデメリットは、血糖値がグルコース値に 反映されるまでに5~10分ほどのタイムラグが挙げられますが、このタイムラグが治療の決定になんらかの影響を及ぼすことは少ないと考えら れています。
一方、血糖値を測ることのメリットはなんといっても、その時点での血糖値がすぐに分かること。デメリットは穿刺という負担があることです。

グルコース値を測定する方法としては、Flash Glucose Monitoring(FGM)、血糖とグルコース値の両方を測る方法としては Continuous Glucose Monitoring(CGM)、血糖を測る方法としては Self-Monitoring Blood Glucose(SMBG)が挙げられます。
血糖自己測定では、血糖値あるいは間質液中のグルコース値いずれか、または両方を測定することで血糖コントロールに活かしていきます。メリッ ト、デメリットを良く知ったうえで、自分のライフスタイルにあった測定方法を主治医と相談しながら選び取っていきたいですね。

間質液中グルコース値とは?

間質液という細胞の周りを満たす液体中のグルコース値のこと。血糖値を反映する指標として用いられます。



ご登録ありがとうございました。


ご登録いただいたメールアドレス宛に仮登録の案内をお送りしましたので、ご確認ください。



下記、ご記入ください:
*
*
*
インスリンを使用していますか?
はい
いいえ
はい、同意します

「同意します」をクリックすることにより、私は、以下の事項に同意します。

製造業者(アボット)は、私に対して糖尿病及びこれに関連する治療に関する有益な情報の提供を目的として電子メールを送信するため、並びにアボットのウェブサイトが更新された際のアップデートの提供を目的として電子メールを送信するために、私の個人情報を取得します。アボットは私の個人情報を取得・処理するにあたり、アボットを補助する独立の第三者に対して私の個人情報を提供する可能性があります。アボットは、第三者に対して、当該第三者に使用させるために、私の個人情報を販売又は提供しません。アボットは現地の法律を遵守し、その許容された範囲において情報を使用します。

私は、このフォームを送信することにより、アボットが、その親会社又は関連会社に対して、私の氏名又は連絡先情報を提供し、かかる情報をこれらの会社の日本国外に存在する安全なグローバル顧客メールデータベースに保管することができることに同意します。

注意事項 必ずお読みください

アボットグループのウェブサイトを離れる、第三者のウェブサイトに移行するようにしています。

アボットの世界各国のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはない、アバットはそのようなサイトのコンテンツやサイトに含めるリンクについて、いやな責任を負うものではありません。アボットがあります これのリンクを提供しているのは、客のご便便を描くために、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するもではありません。

まったくアクセスしようとしているウェブサイトがあり、お客さまのスクリーンサイズを最適化されていない場合もあります。 このままコマツのウェブサイトを離してもよかったですか?

• • • • • • • •

本当に日本のサイトを離れたいですか?


いいえ  はい