血糖測定について


自覚症状が少ない糖尿病は、検査が大切。

 

血糖値を知る編

糖尿病とその合併症と上手につきあっていくために大切な血糖コントロールについてみていきましょう。

血糖値 血糖変動を知ろう 血糖自己測定と
その有効性・メリット
血糖測定を
行う人はこんな人
血糖自己測定の方法

血糖自己測定を行う人はこんな人

血糖自己測定は血糖コントロールが不良なすべての患者さんに効果的
(血糖自己測定(SMBG)はインスリン注射剤およびGLP-1注射剤で治療中の患者さんに保険適用されています)

特に血糖自己測定が効果的なのは、以下のような方です。

1型糖尿病の方
2型糖尿病
患者さんでインスリン治療
をしている方
低血糖を頻繁に起こす方
糖尿病で
妊娠希望の方
 

また、糖尿病以外のほかの病気にかかっている際の急激な血糖の上昇にいち早く気づき、対処する場合などにも血糖自己測定は役立ちます。

 

血糖測定の回数・時間は主治医と相談

血糖自己測定の回数、時間は患者さんによって異なります。必ず主治医と相談するようにしましょう。
また、測定をはじめたら、結果を必ず記録して主治医に見せるようにしてください。
自宅で記録した血糖値のデータは、主治医が今後の治療方針を考えるうえでの貴重な判断材料になります。 主治医はその結果を踏まえて、よりよい治療方針を決定します。適切な測定回数・時間を守り、記録することで、良質な血糖コントロールが可能になり、糖尿病の治療や合併症予防・進展抑制につながります