血糖測定について


自覚症状が少ない糖尿病は、検査が大切。

 

血糖値を知る編

糖尿病とその合併症と上手につきあっていくために大切な血糖コントロールについてみていきましょう。

血糖値 血糖変動を知ろう 血糖自己測定と
その有効性・メリット
血糖測定を
行う人はこんな人
血糖自己測定の方法

血糖自己測定とは

糖尿病の治療と、合併症の予防や進展を抑えるために重要なことは、しっかりと血糖をコントロールすることです。
ところが、血糖は食事や運動といったさまざまな要因によって揺れ動いているため、診察時に測定した値だけでは、本当に適正なコントロールができているのかを知るのが難しいという状況にありました。この問題を解決したのが 簡易血糖測定器を使った血糖自己測定です。この機器を活用
することで、それまで診察時にしかできなかった血糖測定を患者さんが、 自分自身で日常生活の中でも行えるようになりました。 「自分で血糖を測るなんて難しそう」と思う方がいるかもしれませんが、ご安心ください。簡易血糖測定器を使えば、誰でも簡単に自分で血糖測定することができます。

血糖自己測定の有効性

簡易血糖測定器を使って自宅で血糖測定をすることで、診察室のみではなく日常生活でのリアルな血糖の変化を計測し、データを蓄積することができます。1日の流れの中で得たデータは、医師がより適切な治療計画を立てる重要な判断材料となります。
さらに、血糖自己測定のデータを活用して、これまで以上に良好な血糖コントロールを目指せるようになります。
このように血糖自己測定は、 糖尿病の治療や、合併症の予防・進展抑制に不可欠な「質の良い血糖コントロール」を行う大きな手助けとなり、今まで通りの生活を将来にわたって維持し続けるための有効な手段です。

血糖自己測定のメリット

血糖自己測定メリットは多くあります。

メリット1
1日の血糖の変化を
自分で正確に
知ることができる
メリット2
インスリン注射を
きめ細かく
コントロールできる
メリット3
主治医の治療計画に
役立ち、より良い
治療を受けられる

 

さらに、 低血糖やシックデイの対応に役立てることも可能です。
たとえば、低血糖の兆候を感じたときに血糖測定をすれば、早めに対処することができます。また、シックデイには、血糖の変動を自分で確かめておくことで、血糖値の急激な上昇による容体の悪化を防いだり、対処することが可能となります